macライフのあんちゃん13がmacライフAIチャンネルを開設しまました
宮島水族館へ行こう

広島県おすすめの観光地宮島の水族館ご紹介

水族館

WindowsがやばいWindowsの今後はどうなるのか

サイトトピック

スポンサーリンク

WindowsがやばいWindowsの今後はどうなるのか

こんにちは。macライフのあんちゃん13のWindowsがやばいWindowsの今後はどうなるのかです。

そんなの余計なお世話だよー。

まーそう言わないでー。

最近YouTube見てるとトレンド情報です。

あんちゃん13もそのトレンドの波に乗って波乗りあんちゃんになりたいので。👍

記事にして公開しました。

ok

皆さんゆっくりしていってね。

今のあんちゃん13は、macなので、今後のWindowsのことは、あまり関係ないけど、何らかの余波でアップルから新しくリリースされるものもあるでしょう。

そこは楽しみです。

2010年頃のWindowsのシェアは、90%でしたが今では70%を切りました。

一方、macのシェアは今では、21%とパソコンの5台に1台はmacと言うことになります。今後5年〜10年後、この先どうなるのか分かりません。マイクロソフトもですが、アップルが独自のチップを開発したことで、インテルも慌てているのではないでしょうか?

「chromeBook」VS「macBook」も現実味を帯びてくるかもしれません。

Appleのチップアップルシリコンは、素晴らしい性能で、インテル勢を驚愕させたことは間違いないでしょう。

とここで、アップルシリコンの情報をどうぞ

アップルシリコンとは何!mac用のチップ

Windows10個人ユーザー向けサポートを2028年まで延長

Windows10は2025年10月24日でサポート終了を公表していましたが

W個人ユーザー向けのサポートを有料で2028年まで3年延長を発表しました。

となるとWindows11への買い替えは、減少することになることが予想できます。

Microsoft Windowsは、昨今では、シェアが低迷していることが大きく取り沙汰されています。

パソコンOSのMicrosoft1巨塔は既に崩壊しています。

やはりモバイル事業に手出しできないことが、大きく影響しているのでしょう。

Googleは、アンドロイドでAppleはiOSと二分しています。

Googleもパソコン事業にChrome bookで進出しています。

最近は、若者のパソコン離れが進んでいます。特に

若者は、パソコンはなくてもスマホやタブレットがあれば、良いと言うのがトレンドです。

年配者になると画面が大きいのとキーボードがあることが良いので、まだまだパソコンを使います。

となると、今後の注目は『Google』と『Apple』になります。

Appleのパソコンmacが徐々にシェアを高めています。

企業への進出は、時間が必要です。

企業ではMicrosoft Windowsがまだまだ独占することでしょう。Microsoftの技術者がカンファレンスでWindows10が最後のOSと言ったそうです。といいながらも2021年にWindows11が発売されています。

一方でWindows12のリリースの情報もあります。

Microsoft Officeも無料版やWeb版がリリースされています。

Googleの表計算ソフトでグーグルスプレッドシートもあります。

エクセルと完全互換は無理ですが、エクセルの代わりになるソフトは、出てきています。

そう言った背景もあって、Microsoft離れは大きくなっていくのでは?と思います。

昨今では、若者がパソコン離れして、スマホとタブレットが台頭してきました。

となるとWindowsは、パソコンのOSです。スマホ・タブレット・パソコンの連係ができないことのは、市場価値は上がりません。

そう考えるとgoogleとappleになるのが今では、必然的です。

やはりMicrosoftは何につけても有料なことがネックです。

AppleのiPhone,macはソフトのバージョンアップは無料です。

GoogleのAndroidも無料です。

Microsoftも広告事業に参入する。

スポンサーリンク

    コメント

    PAGE TOP
    タイトルとURLをコピーしました